九州へ  

写真家kenjiさんの3回目の写真展に行ってきました。
レトロな駅、門司港駅で乗り降りする人々の姿を撮り続けてこられたkenjiさんのお写真は門司の旧税関の古い建物の中で、いろいろな物語を語っているかのようでした。
その門司港駅もまもなく5,6年かけての改修工事が始まるそうです。
最後のチャンスと、思い切って行ってきましたが、やっぱり行ってよかったな・・♪
画像


写真展を見せていただいただけでも充分意義があったのですが、遠いところから行ったご褒美に(?)またまたいろいろなところに連れて行っていただきました。

今回の一日目は九州の北端から関門大橋を渡って山陰の方へ。
九州から本州へ海を渡るという初体験にちょっと感激♪
東北に住んでいて山陰地方はなかなかご縁のないところでもありました。

『津和野』
すてきな響きのこの地名、本やテレビでは知っていましたが、あまりに遠すぎて行けるところではないと思っていて、わたしの中では幻の街でした。
画像


屋敷の周りの堀にはなんと鯉が泳いでいて・・。それも色とりどりの立派な鯉。
画像


百日紅もそろそろ・・
画像


終わりかけのそんな季節の変わり目。
画像


アイタデがこんなふうに・・♪ 木の電信柱もなつかしい感じ♪
画像



津和野の印象
画像


画像


画像



画像



津和野の次に萩にも連れて行っていただきました。
萩も前から行ってみたい街であり、また、行けるところではないとあきらめていた街でした。
画像



画像



画像


古い武家屋敷が立ち並ぶ萩は予想以上に歴史の深さを感じさせてくれました。
画像



そのあと、金子みすゞ記念館、高杉晋作のお墓などにも寄っていただき、感激♪
時折局地的な雨に見舞われましたが、九州に戻る途中、海にかかる虹に遭遇♪ カメラには残念ながらおさまりませんでしたが、端から端までしっかり見えた虹でした。
画像



夕焼けのスポットで撮影タイム♪

憧れの花、ハマユウに会えた(^^)v 初めての出会い♪
季節は終わりかけていたけど・・。  
画像


比較的きれいなハマユウを発見。傾きかけた夕日を浴びて妖艶な雰囲気を醸し出していました。
画像


ひさびさに夕焼けの撮影。
すっかりススキの季節なのね~。
画像


夕日の当たるベンチがいい感じに♪
画像


落日を見守る若い女子たち。下では雲が待ち受けてはいたけど、まずまずの夕焼け・・。
画像


     (つづく・・)




この記事へのコメント

2012年09月19日 00:58
こんばんは☆
ご無沙汰しております。
再び九州ですか~いいですね~。さらに、萩・津和野まで!
盛りだくさんですね。
私も山陰地方には縁がないもので、萩の街がこんな風にレトロなのを初めて知りました。素敵な街ですね。

関門海峡は歩道があるようですね。
なかなか行く機会が見つかりませんが、私が訪れる際には徒歩でチャレンジしたいと思ってます☆
きょkりん
2012年09月19日 21:26
ノブコフさん、こんばんは~♪
こちらこそごぶさたしております。

あまり詳しい旅日記でなくて申し訳ありません。
津和野、萩はあこがれで終わりそうな街だったので、今回訪れる機会が得られてうれしかったです。
萩は想像したより広範囲に武家屋敷があってゾクゾクしました。

関門海峡を徒歩で渡るとするとどのくらいの時間がかかるのでしょうね~。
海を徒歩で渡る、それはまたロマンですね~♪

この記事へのトラックバック