北海道旅行 晩秋編 その1

今年、二度目の北海道旅行の機会に恵まれました。
その話が浮上したのは、夏の旅行から帰ってきてほぼ直後^_^;
確かに「もう一度行きたい」とは思いながら帰ってきたけど、まさかそんなにすぐにそんな話になるとは思いませんでした。

「11月に札幌に出張だ」って夫が申しました。
「あら! いいわね~・・・」って私。
そのとき半分冗談で「わたしも行こうかな・・」と言ったことが本当に実現してしまいました。

8月にその話が出てから3ヶ月、少しずつ計画を進めながらも本当に行けるかどうか、いろいろな兼ね合いがうまく行くかどうか未定でした。
本当に行けるんだと確信したのは列車に乗り込んでからでした。

今回の交通手段は列車。
旅の達人の友人から聞いた方法、「いい夫婦パス」。
49,800円で出発の日から5日間、有効エリア内では乗り降り自由のお得な切符です。
いい夫婦かわるい夫婦か審査があるわけではないのでだいじょうぶでした(笑)

JR北海道の企画なので、直接そちらに電話で申し込むと、送料800円で(宅配便でのみなので)快く送ってくださいました。

出発は、いろいろな都合上、4日の夜行列車で、ということになりました。
仙台23時30分発の寝台特急「北斗星」。
客室はいろいろ段階はありますが、B寝台「デュエット」はフリー切符内でOKでした。

時間も時間なので、乗り込んでまもなく、列車のほどよい揺れもゆりかごのように思え、すぐ眠りにつけました。

ふと目が覚めて外を見ると、朝焼けがはじまっておりました。
画像


函館に着いたころ、朝日が顔を出しました♪
画像


函館には10分ほど停車。
画像


一路札幌へ向けて・・・

海岸線ギリギリのところを走るんですね。
画像


食堂車からの眺め。
ここで朝食を摂ったのですが、一人分1600円(>_<)
今回はケチケチ旅行を、と決めた割りにはお高い朝食。
結局、これが今回の旅行の中で一番高いお食事になったかもしれません^_^;
でも、車窓から景色をながめながらちょっとリッチな気分を味わえました。
画像


画像


そのあと座席から、ロビーから、景色をながめているうちに、11時15分 札幌に到着。
ほぼ24時間の列車の旅でした。

とりあえずホテルに荷物を預け、
夫はお仕事へ。

わたしはフリータイムです♪

さて、どこへ行こうかいろいろ選択肢はありましたが、まず、夏に行った北大植物園に行ってみました。
が、残念ながら前日4日で閉館。冬季休館に入ってました(>_<)
ま、それもありかなとは思ってましたから。
画像



気をとりなおして歩いておりましたら、雨!
すぐ止むかなと思いきや、だんだん強くなっていきます。
すぐ近くにあった花畑牧場のお店に入り、雨宿り。
ついでにおみやげもここで買っちゃいました。
生キャラメル♪ 地元のデパートで催される北海道展では早くから並ばないと買えないしろもの・・・
ここではよりどりみどり、いくらでも購入可能です
期日指定で送っていただくことにしました。

おみやげも決まり、2階のパーラーでひと休み。
雨が止むまで待ちます。
画像


小降りになったところでお店を出て歩いていると、雨も上がり・・・
画像


3時のチェックインでとりあえずホテルへ。
3時少し前には部屋に入れてもらえたので、ホテルでちょっと一息。
落ち着いてみるとなんだか外に出る気も失せそうでしたが、このまま寝ているのもなんだかもったいない・・・
またまた気を取り直して、ちょっと行ってみたいなと思っていた小樽に向かうことにしました。

決心が遅れたこともあり、札幌から30分あまり電車に乗り、着いたころには薄暗くなっていて・・
画像


とりあえず小樽運河に向かって歩いていると・・
突然線路が!
画像


旧手宮線でした。
北海道最初の鉄道だったんですね。
(下の画像の撮影は帰りになったので、真っ暗。ちょっと手ブレぎみかも)
画像


でも、なんとなくいい雰囲気に・・
画像


画像


何気なく置いてある自動販売機も小樽っぽい装い
画像


画像


広場にはこんなモニュメントが。
画像


画像


あとはしばしガラス細工のお店をはしごして、美しいガラスの世界にどっぷりつかって小樽をあとにし、札幌の宿へ戻りました。
画像

  
                                               (つづく・・)

期待してくださった皆様、あまりいい旅報告でもありませんが、一応続きがあります。
また見ていていただけると幸いですm(__)m









鉄道で旅する北海道 2009年 冬号 [雑誌]
エムジー・コーポレーション

ユーザレビュー:
北海道の本鉄道で旅す ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

北海道ローカル列車の旅?のんびり列車で巡る北の大地2500km (MG BOOKS)
エムジー・コーポレーション
原 将人

ユーザレビュー:
大地の魅力車窓からの ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2009年11月15日 17:09
あら~ご夫婦で北海道旅行、う・う・うっ羨ましいです。札幌に3年住んでいましたけど、また行きたいなぁ。先日 森繁久弥さんが亡くなりましたね。森繁さんといえば知床旅情、知床には行かれたのかしら。知床岬で、大声で歌いたいです~^^;
きょkりん
2009年11月15日 22:47
ベンさん、こんばんは~♪
あ、そうでしたね!
ベンさんは札幌に住んでらしたことがおありだったんですよねー!
今回も北海道に住んでいらっしゃる方はうらやましいな~と思ったんですよ。
知床・・・、今回は行けなかったんですが、ぜひまたのときに行ってみたいです。
北海道は病みつきになりそうですよ(^^)v
ほんとうに、森繁久弥さん、天寿を全うされてご立派でしたね。
ご冥福をお祈りしたいと思います・・。
はやや
2009年11月15日 22:52
あら~、いいですね。
昨年でしょうか、私も同じようなコースを回りましたよ。
生憎半分は雨でして・・・・。(>_<)
でも函館の夜景は、晴れて綺麗に見えました。
いつ行ってもいいですね、北海道は。
お写真を拝見しながら、また行きたくなりました。 
2009年11月15日 23:06
JRで来られたのですねー!いいなあ、一度は北斗星、乗ってみたいです。僕は飛行機が苦手なので、尚更そう思っちゃいますが(笑)。
植物園は残念でしたね。でも、その分晩秋の小樽を満喫できたでしょうか。
小樽って小さい港町ですけど、北海道らしい鷹揚さと、ちょっと歴史の香りが入り交じって、確かにエキゾチックな雰囲気がありますよね。札幌の人間にも人気です。学生時代は彼女とのドライブ候補ナンバーワンでした(笑)。続きも楽しみにしていますね!
N
2009年11月15日 23:29
こんばんは☆
お写真素敵です!旅の雰囲気が伝わってきますね~。
北斗星も小樽のお散歩も、光景が浮かんできます。
小樽はホント絵になる街ですよね~。私も行きたいです!
きょkりん
2009年11月15日 23:53
はややさん、こんばんは~♪
はややさんも同じコース、行ってらしたんですね。
小樽、もう少しじっくり見たかった感じもありますが、日が短い時期ということもあって暗くなってきたので、さすがに心細くなってきて・・^_^;
函館に居た時間は今回は残念ながら夜ではなかったので、夜景は次回のお楽しみとなってしまいました。
北海道は何度行ってもいいところなんですね。
できれば住みたいなと思いました♪
きょkりん
2009年11月16日 00:09
keiさん、こんばんは~♪
今回はJRにしました。
わたしは飛行機も好きなんですが、せっかくの北海道、やっぱり列車のほうが移動時間も楽しめていいなと思いました。
「北斗星」、よかったですよ(^^)v
ロマンがいっぱい♪
車両、ちょっと古いですけどね。
それがまた旅情をそそるんですよ。
ぜひ、「北斗星」で本州にいらしてくださいね。

小樽はほんとうに異国情緒ゆたかで、すてきな街でした。
そういえばカップルさん、けっこういらっしゃいました(^^)v
札幌からはすぐですから恰好のデートコースなんでしょうね♪
きょkりん
2009年11月16日 00:18
Nさん、こんばんは~♪
小樽、すてきな街でした。
写真が雑ですみません・・^_^;
夏の礼文島同様、もう一度行って撮りなおししたい気分です。
っていうか、ほんとうに何度でも行きたいところですね、北海道は。
2009年11月16日 11:10
北海道には数回行きましたが、いつもでした。一度北斗星にも乗りたいな~と大宮駅で見送るばかり(^^)
『いい夫婦パス』、なんて気の利いた企画でしょう♪
11月22日が『いい夫婦の日』だから?
夕暮れの小樽、素敵ですね~(^^)
でも、小樽に行って『すし屋通り』や『小樽地ビール』を経験しないのはざ~んねん!次はぜひ!!
生キャラメルは、もうお口に入りましたか?(^^)
2009年11月16日 11:24
ワーイヽ(゚ω゚◎ヽ 三 ノ◎゚ω゚)ノワーイ
待ってました~きょkりんさんの北海道編~~
寝台列車の旅だったんですね~^^良いな~~
私は寝台列車の旅未経験者なので、一度乗ってみたいデス☆
小樽にも足を運ばせることができたんですね?ガラス細工のお店も並んでいて、きっときょkりんさんもお財布の紐が緩んでしまいそうになったのではないでしょうか??うふふっ
私はレンガ倉庫の一角で販売されている(今もあるのかな~?)、瓶に入ったコーヒー牛乳を飲むのがなのですが、きょkりんさんも飲んだかな?
きょkりん
2009年11月17日 08:23
suzukoさん、おはようございます♪
『いい夫婦パス』、いいでしょう(^^)v
どこへ行くにも切符を購入する手間がいらないのが何よりでした♪
その代わり、なくさないようにと、わたしとしてはとても気をつかいました^_^;
小樽はなんだか夕暮れとか夜が似合いますね~♪
『すし屋通り』、案内どおりに行ったはずなのになぜか別のほうに行っちゃったみたいでした(>_<)
で、やっぱりここまで来てお寿司を食べないのは悔しい、と、じつは、回転寿司に行きました
回転寿司とはいえ、『きょうのおすすめ』の秋鰊、帆立、ホッキ貝がおいしかったです←しっかり食べてます(^^)v
小樽ビール・・・、とても惹かれました。きょkりんさんを呼んでました。
でも、やっぱり一人で入る勇気がなく断念しました^_^; ちょっと心残り・・
生キャラメル、おみやげにいっぱい買ってきたはずなのに、友達、親戚にくばってたら自分のがなくなりました(>_<)
で、きのう、地元のデパートで北海道展があって行ってみたら、生キャラメルが残ってて、プレーンのを買ってきましたよ(^^ゞ
きょkりん
2009年11月17日 08:37
シェリーさん、お待たせしました~!
寝台車、なかなかよかったです。
それぞれのボックスにはドアもあって個室になるんですよね。
長旅とはいえ、横にもなれるし、ロビーもあるので気分転換もできるし、一度お試しください。
小樽のガラス細工屋さん、ついついお財布の紐を緩めそうになったんですが、「今回はケチケチ旅行だった・・」と思い直し、じっとながめさせていただいただけでした。
時節がら、クリスマスモードのガラス細工に魅せられてしまいました。
残念ながら撮影はOKをいただけなかったのですが・・。

赤レンガ倉庫のおみやげ屋さんがありましたが、そこだったでしょうか?
残念! コーヒー牛乳は知らなかった・・(>_<)
また行ってきま~す!
2009年11月17日 23:27
「いい夫婦パス」なんて言うのがあるんですね。
年齢は関係ないんですか?
夫婦の証明必要ですか?
行く当ても無くても、気になります。
北海道はもっと気になります。
小樽には以前行きました。
やっぱり、回転寿司食べましたよ(笑)
きょkりん
2009年11月18日 08:42
えみりんさん、おはようございます♪
「いい夫婦パス」、年齢は関係ないみたいですよ。
なんの証明もいりませんでした^_^;
2枚セットで、同行程で使うということが条件のようですが。
ぜひぜひおすすめです(^^)v

小樽はやはりみなさん行ってらっしゃるんですねー♪
今まで北海道に行ったことがないというわたしのほうが変だったようですね^_^;
2009年11月20日 05:40
おはようございます♪
わ~もう二度目の北海道ですね(^^v 羨ましいな~
JR北海道のパス興味津々です!しかも北斗星が使えるなんて
札幌は短い滞在でジックリ歩いた事がないので、きょKりんさん記事でますます行きたくなりました
車窓の景色が旅情を誘いますね。夕暮れの小樽も雰囲気があって良いですね!行きたいな~
きょkりん
2009年11月20日 21:47
せんこさん、こんばんは~!
わたし、なんてばかなことを・・・(*^_^*)
コメントくださったのはこちらだったんですね。
お知らせメールだけ見て、たしかにせんこさんがコメントくださってるのにって、不思議で不思議で・・・(>_<)
というわけで、その2のほうに返信コメントさせていただきました。
まことに申し訳ありませんでしたm(__)m
こんなきょkりんさんですが、末長くお付き合いのほどをお願い申し上げます

この記事へのトラックバック