庭の花たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 酔芙蓉のこと

<<   作成日時 : 2010/10/10 17:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 16

わたしが酔芙蓉というお花の存在を知ったのは3,4年前、花友さんのブログ上ででした。
とても衝撃的な出会いでした。
朝は白で夕方にはピンク色になる花!

当地方では見たことのないお花でした。

それからいろいろないきさつでわたしの手元に酔芙蓉が・・。
1年目、何も知らずに地植えをし、なんとなくつぼみのようなものができたものの、黄色くなってポロッと落ちてその年は終わってしまいました。
で、結局、そのまま冬を過ごしたため春にはもう出てきませんでした。
とっても申し訳ないことをしてしまいました・・・。

2年目、あきらめきれずに、ネットで取り寄せてみました。
地植えをし、なんとか大きくなったもののやはりつぼみができたかできないうちに終わってしまいました。

根は生きていたので、今度は冬になる前に根元まで切って鉢上げしてみました。
玄関の中に置き、水はやらずにそのまま冬を越しました。
春、あたたかくなるまでがまんをし、切ったままの幹がなんとなく息づいてきたように思われたときから水遣りを開始しました。
大き目の鉢に移し、肥料をたっぷりあげていたらどんどん芽が出てみるみる大きくなっていきました。
どんな環境がお好きなのかな〜といろいろ場所を移動してみました。
その点、鉢植えにしてよかったです。

今年の暑い夏は当地方での酔芙蓉にとって居心地がよかったかもしれません。
それでもなかなか花芽が出ず、今年もだめかな〜と思ったのですが、

ふとのぞいた先のほうに花芽らしいものが・・。
でもまだ半信半疑。
8月23日の画像。
画像


9月6日、確かに花芽と確信。
画像


9月13日、花芽がしっかり脹らんで、
画像


9月20日、つぼみがそろいましたが、なかなか心を開いてくれません・・・
画像


9月27日、ようやくその固い心を開いてくれそうな感じ。
それでも急激な気温低下があったので心配・・
画像



9月30日、ここまで開いてくれたのに、なんだか茶色くなってきて・・・
画像


10月4日、この日この撮影のあとちょっとさわったらポロッと落ちてしまいました(T_T)
結局今年も咲かずに終わってしまいました。
ここまできたのにちょっと残念・・
画像


そんな折、地元の新聞に酔芙蓉の記事が載っているのを発見!
米沢でした。
さっそく行ってみました。
米沢は山形市よりも雪深く春遅い地域、どうやって育てたのかぜひ知りたかったのです。

そこは古代織を復元している古代織参考館というところの裏庭でした。

こんなに咲いていました。
生の酔芙蓉に合うのは初めて♪  感動!!
画像


そこの方にいろいろお聞きしてみたところ、酔芙蓉は毎年春に、あたたかい地方の方がある程度育った苗を送ってくださり、その都度植え替えていらっしゃるのだそうです。
画像


画像


そしてそこでは酔芙蓉の幹から出る繊維で織物をしていらっしゃるということでした。
画像


この古代織参考館ではほかにもいろいろな植物からとれたせんいで作った糸や織物、それで作った着物などが展示してありました。
古代のひとたちがいろいろ工夫して自分たちの着るものを作っていたことを知りました。
藤、シナ、こうぞ、麻、カラムシ、ぜんまいなど・・・
木綿は裕福な身分の高いひとたちしか着られなかったそうです。

酔芙蓉、春遅いわが地方ではむずかしいかもしれません。
でも、来年、もう少し工夫してなんとか咲かせてみたいものです。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
酔芙蓉は私も気になっているお花です。
咲かせるのが難しそうで手が出せないでいました。
きょKりんさんは来年も挑戦するんですね。

米沢ではこんなにたくさん咲かせているんですね。
染物にも使えるとは知りませんでした。
ひとつ利口になったかな……。(笑)
すいせん
2010/10/10 20:35
来シーズン、どうかきょkりんさんの酔芙蓉が咲きますように
うちでも酔芙蓉は鉢植えにしました。
(高さを抑えるためもあり)
2鉢作ったのですが、一鉢は最近花芽ができてきたばかり…。
おそらく咲かないでしょう。
この辺りでは庭に植えているお宅もあるので、来シーズンは1本地植えにしてみようと思っています。

酔芙蓉の幹の繊維で織物!?そちらにもチャレンジしたくなりました^^;
suzuko
2010/10/10 22:00
こんばんは♪
酔芙蓉、残念でしたね。
読んでいて見事花が咲きました!になるのかと思ったんだけど。
以前、酔芙蓉?って思える花に出合ったのですが違ったのかな〜
寒い地方では育ちにくいのですね〜
せんこ
2010/10/10 23:00
すいせんさん、こんばんは〜♪
コメントありがとうございます。
酔芙蓉はハイビスカスと同じようなものなのですね。
南の地方では普通に地植えしてありますけど、東北では無理ですもんね〜。
でも、米沢で咲いているのを知って、勇気100倍!
温暖化している昨今の気候の中でなんとかなるんじゃないかなと思えてきたのでした♪
来年、またがんばってみます
きょkりん
2010/10/10 23:20
suzukoさん、こんばんは〜♪
来年こそは咲かせてみたいものです
ちょっと作戦を変えてみようと思っています。
そういえば米沢の会館の方もようやく最近関東地方でも咲くようになってきたっておっしゃっていました。
そっか、そんなにむずかしいお花だったんだってあらためて思いました。
繊維が採れること、わたしも初めて聞いてびっくりしました。
suzukoさん、ぜひ挑戦してみてください
きょkりん
2010/10/10 23:33
せんこさん、こんばんは〜♪
ね〜・・、一時はほんとに「咲きました!」ってご報告できそうな気配だったんですけど、あと一日二日あの暑い日が続いてくれたら・・なんて思っているところです。なにしろ急激に気温が低下しましたものね、あのとき。
春にいくらでも早く芽を出させるのがコツかもしれないですよね。
福島あたりだと咲かせてる方がいらっしゃるかもしれませんね。
きょkりん
2010/10/10 23:40
きょkりんさん はじめましてm(__)m
酔芙蓉は暖かい地方の花だったんですね。
神奈川の黒潮の海が近い場所に住んでおります。
デイゴ・椰子・酔芙蓉は当たり前の
景色でしたので苦労して愛情を込めて
育てていらっしゃる姿に感動しました。
繊維が取れるのは始めて知りました。
来年に向けて再チャレンジ
eisui
2010/10/11 01:42
あら〜植物名人のきょkりんさんでも、酔芙蓉にはご苦労なさっているんですね。こちらでは地植えの放置酔芙蓉が、あちこちで咲いていますよ。何が違うんでしょうね。懲りずにぜひ咲かせて下さいね。画像UPを待っています^^
ベン
2010/10/11 15:54
酔芙蓉,魅力のある花ですね。昨年は色紙に描きました。白から夕方にはほろ酔い気分の赤みが差して綺麗ですね。こちらは暖かいので難しい花とは知りませんでした。
eiji
2010/10/11 17:07
そんなお花があるんですか!始めて聞きました。
それにしても面倒なものですね。花のくせを知っている人は簡単に咲かせることも出来るのでしょうが・・・。
でも、可憐な花ですから是非ご自分の手で咲かせて欲しいものです。
はるばる
2010/10/11 22:08
eisuiさん、こんばんは〜♪
はじめまして。
おいでいただいてありがとうございます。

日本列島、長いですね。
北と南ではこんなに植物分布がちがうんですね。
こちらはやはり冬に雪が降るということがネックなのでしょうね。
夏は立派に暑くてみなさんの地方と同じなのにね。

酔芙蓉のこと、応援ありがとうございます。
なんとか咲かせてみたいと思っております。
でも、酔芙蓉にとっては迷惑なことじゃないかと気がかりですけどね。
きょkりん
2010/10/11 23:26
ベンさん、こんばんは〜♪
北と南ではこんなにもちがうんですね〜。
酔芙蓉を通じてあらためて考えさせられました。
種を蒔く時期でもそちらでは秋に蒔いてだいじょうぶでもこちらでは春に蒔かないと種が雪の下でだめになってしまったりするらしく・・・。
しかし、その地域では普通に見えていることでも他の地域にとってはめずらしいことってあるものですね〜。。
きょkりん
2010/10/11 23:34
eijiさん、こんばんは〜♪
酔芙蓉、わたしにとっては衝撃的な花でした。
でもほんとうにそんなに育てにくい花とは思っておりませんでした。
来年、なんとか成功させてみたいものです。

色紙に書かれた酔芙蓉、拝見したかったです。
きょkりん
2010/10/11 23:46
はるばるさん、こんばんは〜♪
やはり新潟のほうでも見られない花ですか?
そうですよね、わたしもそんな花があるんだーっていう感じでしたから。
園芸屋さんでもみかけませんものね。
せっかくご縁があった花ですからなんとか咲かせてあげたいものだと思っております。
きょkりん
2010/10/11 23:52
...はぁ、酔芙蓉のこと勉強になりました。
私も最近サイトの画像掲示板に持ってきてくれた方があり
始めてその存在を知りましたが、
幹から出る繊維で織物もできるんですね♪
AYUKO
2010/10/16 23:01
AYUKOさん、コメントありがとうございます♪
酔芙蓉、わたしも繊維のことはしらなかったので目からうろこでした。
花を通じてのいろいろな出会い、発見、うれしいものですね♪
きょkりん
2010/10/17 08:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
酔芙蓉のこと 庭の花たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる