庭の花たち

アクセスカウンタ

zoom RSS 半夏生

<<   作成日時 : 2009/07/02 23:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 23

ウィキペディアによると、
「半夏生(はんげしょう)は雑節の一つで、半夏(烏柄杓)という薬草が生えるころ(ハンゲショウ(カタシログサ)という草の葉が名前の通り半分白くなって化粧しているようになるころとも)。

七十二候の一つ「半夏生」(はんげしょうず)から作られた暦日で、かつては夏至から数えて11日目としていたが、現在では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日となっている。毎年7月2日頃にあたる。」

とあります。
これは、毎年、わたしの記事に載せていることですが、その半夏生がこれです。
画像


画像


今年はほんとうに真っ白にお化粧してくれました。
白くなりはじめたのは今年は6月25日ごろでした。
でもまあ、律儀にねえ・・・。
ちなみに去年はあまり白くなりませんでした。
何か気象条件と関係があるんでしょうか?






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
半夏生(半化粧)
夏至から数えて11日目に当たる7月2日は半夏生{%風鈴hdeco%} ちょうどその頃、半化粧も白くなる。 上の方の葉っぱが白く白粉でも塗ったようになる花。 ドクダミ科で、増えると聞いたけど。。。 本当だ!去年の倍になった{%顔文字驚きhdeco%} ...続きを見る
きままな時間
2009/07/04 14:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ご説明ありがとうございました。
とてもお勉強になりました。
去年は化粧のりが、悪いんですか・・・・。
私は最近、いつもですよ (>_<) (笑)
植物も、やはり人間と同じで、条件によって花の状態も左右されますね。
はやや
2009/07/03 12:48
きれいにお化粧しましたね(^^)
舞妓さんのうなじみたい♪
Wikipediaの「二十四節気」「七十二候」をプリントアウトして時々眺めています(*^_^*)
suzuko
2009/07/03 13:56
こんばんは♪
先月末に仙山線に乗ったのですが、車窓から白い葉をつけた木を見ました。以前きょkりんさんに見せて頂いたマタタビかなと思ったんだけど、今日も白い葉の半夏生!
さてどちらだったのかしら
せんこ
2009/07/03 21:53
はややさん、こんばんは〜♪
去年は化粧のりがわるかったんです・・(^^;)
去年はたしか空梅雨だったような気がするんですが・・。
そういうことが関係があるんでしょうか?
今年もちゃんと白くなるか心配でしたが、今年は化粧のりがいいようで安心いたしました(^^)v
きょkりん
2009/07/03 23:22
suzukoさん、こんばんは〜♪
舞子さんのうなじ! なるほど〜♪
さすが! プリントアウトね
先人の教え、いいですよね。
そういう考え方、いいですよね。
きょkりん
2009/07/03 23:26
せんこさん、こんばんは〜。
そうそう、マタタビも白くなりますよね。
電車から見えたのはきっとマタタビだと思います。
半夏生は草丈3〜40cmくらいのもので、先のほうだけ白くなります。
きょkりん
2009/07/03 23:31
こんばんは。
ここ数日、私も半夏生を見かける機会がありまして、
涼やかでいいな〜と思っておりました。
ほかの植物と合わせなくてもそれだけで十分な存在感のある植物ですよね。
お庭に欲しいなと思いました。
keko
2009/07/04 01:58
kekoさん、おはようございます♪
半夏生、季節のお花が少なくなるこの季節、涼しげでいいですよ♪
でも、その年によってうまく白くならないときがあって、なるまでハラハラドキドキです。
今年は特に真っ白のような気がして、しばし見とれています(^^)
きょkりん
2009/07/04 06:50
ハンゲショウ、頂いて植えたら、毎年段々と増えています
どうして、上の方の葉っぱだけが白くお化粧するんでしょう。
白くならない年もあるんですか〜不思議です。
えみりん
2009/07/04 14:51
おばんです。
ハンショウゲ初めて見る花です。
なんか、白がとてもいい雰囲気ですね。
宮城蔵王の滝をアップしたので、よろしければ
ご覧下さい。
pepepapa
2009/07/04 17:55
えみりんさん、こんばんは〜。
トラックバックありがとうございます♪
えみりんさんちのはほんとうにいっぱい増えていましたね〜!
わが家のは、毎年増えてはいますが、あちこち飛び火して出てきています。
不思議に7月2日近くになると、最後に出てくる葉が白くなってでてくるみたいですね。
去年は1本ぐらい、それもほんの申し訳程度のちっちゃい葉が出てきたくらいだったんです。去年は空梅雨ぎみだったんですがそれと関係があるのかどうか・・・。
きょkりん
2009/07/04 22:45
pepepapaさん、こんばんは〜。
コメント、ありがとうございます。
半夏生の葉の白い部分、わが家の庭でもひときわ目立っています。
今年はとくにきれいに白くなったような気がします。
宮城蔵王、見せていただきますね♪
きょkりん
2009/07/04 22:54
こんにちは。
ハンゲショウ、珍しい植物ですね。その時季にお化粧をして
人々を楽しませてくれるとは嬉しくなりますね!
shiyoko
2009/07/05 12:26
shiyokoさん、こんばんは〜。
ことしもこの時季、半夏生の話題・・(^^;)
たぶん、3年続けて載せてると思います。
今年がいちばん真っ白にお化粧してくれたような気がします(^^)v
きょkりん
2009/07/05 22:11
草花の生態って、色々あって面白いですねえ。半夏生という植物も初めて知りました。
ホントにうっすらとおしろいを塗ったように見えますね。僕だったら気づかずに誰かイタズラしたのかと思っちゃうかもしれません(^_^;)。
多分何かの意味があるんだろうな、と思って見ていましたが、まだよく分かってないんでしょうか。不思議ですねえ!
kei
2009/07/05 22:27
keiさん、おはようございます。
植物、ひとつひとつに個性があるんですね〜♪
どうやって生き延びようか、種を守ろうか、必死の努力のあとがけなげであったりしますね。
でも、半夏生のお化粧はどんな意味があるんでしょうね。
やっぱり白くなって昆虫の目を引かなきゃならなかったんでしょうか?
そういえば、花はとっても地味なんですよね。
植物ってほんとうにおもしろいですよね。
あ、お魚もおもしろいでしょうね(^^)v
きょkりん
2009/07/06 09:06
オハヨーゴザイマス(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)
”半夏生”不思議なお花があるものなんですねぇ〜
この子は、全部の葉っぱが白くお化粧する訳ではないのかしら??
とっても不思議〜〜
でも、風情ある名前が日本らしくて綺麗な名前ですね!
シェリー
2009/07/06 11:49
シェリーさん、こんにちは
不思議でしょう?・・・
最後に出て来る葉の1,2枚が白くお化粧して出てくるみたいですね。
庭の中でひときわ白く目立っていますよ♪
24節気という、古のひとが考えた、自然に即した表し方、なくしたくないですね。それとともに、日本古来の花もなくしたくないと思ってます。
きょkりん
2009/07/06 13:56
半夏生だとばかり思ってた我が家のハンゲショウ、去年 半夏生じゃないよ〜、と教えて頂きました。正体はコンロンカだったんですよ。葉っぱの状態がソックリ、同じ先祖かなぁ^^
ベン
2009/07/06 18:24
ベンさん、こんばんは〜。
コンロンカ、そういえば白いところが似てますよね。
コンロンカの白い葉のようなところはがく片らしいですね。
葉や「がく」の一部が白くなるというのはみんな意図はおんなじなんでしょうかね。
植物、いろいろ見ているとおもしろいですよね。
ベンさんの記事もとても興味深く拝見しています(^^)v
きょkりん
2009/07/06 21:29
きょkりんさんはじめまして。どなたかのコメント欄からたどってきて、気になって「お気に入り」入りさせてもらっていました。ルリタマアザミの回のこと我が家にも近所に住むお袋が植えに来てるので…。植えてあったのか雑草なのかわからず、何度も抜いて怒られました。だって…アレ…どう見ても雑草に見えるでしょ?

さてハンゲショウのお話でしたね。Wikiもひどい説明ですね。「雑節」ってのはいただけません。「24節気×3候(初候・次候・末候)=72候」って書くべきでしょう。

それと…同じくWikiでは…本末転倒の解説のところがあるように感じます。漢方の「半夏(カラスビシャク)」が「生ず」候=「半夏生ず」=「半夏生」の候にカタシログサの葉が半分白くなるのを「半化粧」とひっかけて、「ハンゲショウ」と呼ぶって書くべきなんですよ。

ちょっと前に24節気72候について学んだことがあったので、すみません、借りた知恵なんですけどね。

http://dry-eye.at.webry.info/200606/article_4.html

↑私の古いブログです。今は放置状態ですけれど。
山野草
2009/08/10 18:06
ベンさんのお話のコンロンカ。ハンカチノキのことでしょう?こちらのハンカチノキのほうも…2種類ありますでしょう?コンロンカとダビディアっていう…まったく異なる2種類がありますでしょ?

そのうえ…山野につたうマタタビも…私最初…それをハンゲショウだと思っていました。半分くらい真っ白の葉になるんです。

どうしてこう…ややこしいんでしょうね?
山野草
2009/08/10 18:12
山野草さん、こんばんは〜。はじめまして。
返信遅くなってすみませんでしたm(__)m
コメントありがとうございます。
そうでしたか〜・・。
わたしも勉強し直してみます。
Wikiを鵜呑みにしてしまいました^_^;
24節72候って深いんですね〜。
ブログ、伺ってみますね。
半夏生もコンロンカもまたたびも白くなる葉があるんですものね〜。
不思議ですよね〜。
きょkりん
2009/08/11 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
半夏生 庭の花たち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる